部紹介・HISTORY

部紹介・HISTORY

HISTORY

百年余りの歴史を紡ぎ、
脈々と受け継がれてきた技と魂。

明治33年(1900年)、早稲田大学の前身・東京専門学校にボート競技の同好会を作ったのが早稲田大学漕艇部の起源です。当時榎本三郎らのグループと高等予科の木沢純、英語政治科の木村祥造らのグループの2つが存在しました。しかし1902年に入学した、日比谷中学校(元の海軍予備学校)でボートを漕いでいた深沢政介らの入学により同好会は1つのグループになり、週末に浅草橋で6人漕固定席艇を借りて向島辺で練習するまでに発展しました。

明治35年(1902年)、東京専門学校が早稲田大学に改称し体育部が設置されたと同時に、同好会は「端艇部」になりました。早稲田大学漕艇部はこの年を創部の年としています。創部の年に購入した新艇は早稲田大学創始者のひとり、文学者の坪内逍遥により「稲妻」「韋駄天」「イロス」と命名されました。中でも「韋駄天」という艇名は現在も受け継がれています。さらに、隅田川のほとりの向島の小松島に1代目艇庫が建てられました。

明治38年5月に向島の1250mコースで第1回早慶レガッタが開催されました。インターハイやインターカレッジ(全日本大学選手権大会、以下インカレ)等の大会組織がなかった当時、レースの申込みを受諾してくれる大学はありませんでした。新参者の早稲田にとって慶應義塾大学とのこのレースが初の対校レース(大学対校レース)でありました。このときに端を発した早慶レガッタは、今年第87回を迎え、野球やラグビーと並ぶ三大早慶戦に数え挙げられます。もちろんこの早慶レガッタにも様々な苦難の歴史があります。戦争などにより一時中断されたことも、水質の汚染のため隅田川で開催されなかったことも、悪天候でのレースで艇の沈没に苦しめられたこともありました。早稲田大学漕艇部は早慶レガッタの歴史と共にあるといっても過言ではないほど、早慶レガッタには沢山の方の想いが詰まっています。(詳しくはこちらをクリック

昭和3年(1928年)、日本はアムステルダムオリンピックへ日本代表を初めて派遣しました。この時も舵手付きフォアの2番に代表選手を輩出しました。その後、早稲田大学漕艇部単独で出場した五輪は、第10回ロスアンゼルス、第11回ベルリン、第18回東京があります。五輪の女子種目は、第25回バルセロナから始まりました。この大会をのぞいて、第26回アトランタから第31回リオ・デジャネイロまですべての大会に早稲田大学漕艇部の現役選手またはOGの選手が出場しています。まさに日本女子ボート界を牽引するのが、私達の部なのです。一方、国内大会での活躍も枚挙にいとまがありません。ボートの花形、男子エイトはこれまで全日本選手権で11度の優勝。女子では舵手付きクォドルプルで9度の優勝を達成しています。

近年では2015年にインカレにおいて男子エイトが19年ぶりの優勝、女子全種目完全制覇並びに女子総合優勝7連覇を遂げました。実はボート競技は大学から始めた人でも活躍の場があるのが特徴です。事実、多くの未経験入部者が素晴らしい戦績を残しています。選手以外にもマネージャーやトレーナーなど様々な形でチームの勝利に貢献できるのが、早稲田大学漕艇部の強みでもあります。サポート陣を含む部員や監督コーチ陣だけでなくOB・OGや保護者の方々など、部に携わるすべての人間が一丸となって目標に突き進む「One Waseda」の理念を掲げ、今日も男子34名女子18名の計52名が戸田ボートコースの8代目艇庫で艇を漕ぎ進めています。

部長 深澤 良彰

 漕艇部は、40を超える早稲田大学体育各部の中で、野球部、庭球部に続いて、3番目の創設という歴史を誇ります。そして、ここに記載されているような赫々たる成果を長期間に渡って誇っています。しかし、部活動を、大学における教育活動の一環としてみてみると、大会の成績が良ければそれだけで十分というものではありません。「文武両道」の気構えが必要不可欠です。
 この「文武両道」には、いろいろな意味があります。まずは、勉学とスポーツの両立です。この成果は、卒業生の就職先を見ていただければ、一目瞭然です。多くの学生がいわゆる「一流企業」に就職しています。
 次に、漕艇部内での「文武両道」もあります。漕艇とは「漕げばよい」という単純なスポーツではありません。様々なトレーニングを組み合わせて、身体を鍛えていかなければなりません。このためには、考える力(「文」の力)が必要です。
 多くのみなさんが、この早稲田大学漕艇部の魅力に触れることを期待しています。

監督 木目田 健二

 本ウェブサイトは、早稲田大学漕艇部に関心のある方々に広くご高覧頂くべく、日々関連情報を発信しております。一人でも多くの方々にボートという競技や弊部の魅力をお伝えできるよう発信して参りますので、是非お楽しみ頂ければと思います。
 弊部は1902年の創部から実に120年の歴史を紡いで参りました。これまで多くの艇友が国際大会の代表として世界のライバルを相手に熾烈な戦いに臨み、また競技以外でも様々な分野のリーダーとして活躍して参りました。早稲田大学が掲げる人材育成方針「次世代を担うグローバルリーダーの育成」を実現するため、日々、組織運営や競技力向上を通じた人格形成に努めております。引き続き、確たる伝統を重んじながらも、進取の精神と柔軟な姿勢を以て、勉学と競技とを問わず研鑽を積んで参ります。
 目まぐるしい情勢変化の中で苦境が続きますが、我々の活動を通じて、情熱や感動をお伝えできるよう、関係者一同尽力して参る所存です。
 今後とも宜しくお願い申し上げます。

近年の受賞歴・日本代表

2021年 第48回全日本大学選手権大会 女子総合 準優勝
男子エイト、女子舵手なしクォドルプル、女子ダブルスカル 準優勝
2021年ユニバーシアード競技大会 青木洋樹(男子軽量級ダブルスカル)日本代表内定
※新型コロナウイルス感染拡大のため延期
U23世界選手権 青木洋樹、武井愛奈 日本代表内定
※新型コロナウイルス感染拡大のため派遣中止
2020年 第47回全日本大学選手権大会 女子総合 優勝
女子舵手なしクォドルプル、女子ダブルスカル、女子シングルスカル 優勝
男子舵手付きフォア、女子舵手なしペア 準優勝
第98回全日本選手権大会 男子舵手付きフォア、女子エイト 準優勝
女子舵手なしクォドルプル 3位
2019年 第46回全日本大学選手権大会 女子総合 優勝、男子総合 準優勝
男子舵手なしペア、女子舵手付きクォドルプル、女子舵手なしペア 優勝
女子シングルスカル 準優勝
男子舵手付きフォア、男子シングルスカル 3位
2019 U19 世界選手権 阿部光治(男子舵手なしクォドルプル)出場
2018年 第45回全日本大学選手権大会 男子舵手付きペア 準優勝
女子舵手付きクォドルプル、女子シングルスカル 優勝
女子総合 優勝
第40回全日本軽量級選手権大会 男子舵手なしペア 優勝
2018アジア大会 米川志保(女子ダブルスカル) 4位
2018 U23 世界選手権 伊藤大生(男子シングルスカル)、米川志保(女子ダブルスカル)、安井咲智(軽量級女子補漕) 出場
2017年 第95回全日本選手権大会 女子エイト、女子舵手なしペア、女子ダブルスカル 準優勝
第44回全日本大学選手権大会 女子ダブルスカル 準優勝
女子舵手付きクォドルプル、女子シングルスカル 3位
第39回全日本軽量級選手権大会 男子舵手なしペア、女子ダブルスカル 3位
2017 U23 世界選手権 内田達大(軽量級男子舵手なしクォドルプル)、米川志保(女子ダブルスカル) 出場
2016年 第94回全日本選手権大会 女子舵手なしクォドルプル 準優勝
第43回全日本大学選手権大会 女子舵手付きクォドルプル、女子舵手なしペア、女子ダブルスカル 優勝
男子舵手なしペア 準優勝
女子総合 優勝
2015年 第93回全日本選手権大会 男子舵手付きペア、女子舵手なしクォドルプル 優勝
第42回全日本大学選手権大会 男子エイト、男子舵手付きペア、女子舵手付きクォドルプル、女子舵手なしペア、女子ダブルスカル、女子シングルスカル 優勝
女子 完全優勝
第37回全日本軽量級選手権大会 女子ダブルスカル 準優勝
男子舵手なしペア 3位
2015 U23世界選手権 長田敦(軽量級男子ダブルスカル)、竹内友哉、和田優希(軽量級男子舵手なしペア) 出場
2014年 第92回全日本選手権大会 女子舵手なしペア、女子ダブルスカル 3位
第41回全日本大学選手権大会 女子舵手付きクォドルプル 優勝
女子ダブルスカル 準優勝
女子総合 優勝
男子エイト、女子舵手なしペア 3位
第36回全日本軽量級選手権大会 女子舵手なしクォドルプル 準優勝
2014 U23 世界選手権 榊原春奈(女子シングルスカル) 出場
2013年 第91回全日本選手権大会 女子舵手付きクォドルプル 優勝
女子舵手なしペア 3位
第40回全日本大学選手権大会 男子舵手付きペア、女子舵手付きクォドルプル、女子ダブルスカル、女子シングルスカル 優勝
女子舵手なしペア 準優勝
女子総合 優勝
男子エイト 3位
第35回全日本軽量級選手権大会 女子舵手なしクォドルプル 準優勝
女子ダブルスカル 3位
2013 U23 世界選手権 大石綾美(軽量級級女子シングルスカル) 3位